製品紹介

Products

大きな画像を見る

配合成分

モイスチャーローション

水、グリセリン、BG、レパゲルマニウム、プラセンタエキス、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、水溶性コラーゲン、ソメイヨシノ葉エキス、アロエベラ葉エキス、、フラーレン、PVP、アセチルヘキサペプチド-8、ポリクオタニウム-51、ユビキノン、レシチン、、ダイズ種子エキス、サクシノイルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、セレブロシド、ペンチレングリコール、フランスカイガンショウ樹皮エキス、オリーブ果実油、カニナバラ果実油、スーパーオキシドジスムターゼ、グリチルリチン酸2K、アラントイン、リン酸Na、プロパンジオール、クエン酸、クエン酸Na、パルミチン酸グリセリル、ポリグリセリン-10、ポリソルベート60、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、PEG-60水添ヒマシ油、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、トロポロン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、 プロピルパラベン
※成分の水には海洋深層水が含まれております。

ミルキーローション

水、BG、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エチルヘキサン酸セチル、プラセンタエキス、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、水溶性コラーゲン、ソメイヨシノ葉エキス、アロエベラ葉エキス、フラーレン、PVP、アセチルヘキサペプチド-8、ポリクオタニウム-51 ユビキノン、レシチン、グリセリン、ダイズ種子エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、セレブロシド、ペンチレングリコール、サクシノイルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、フランスカイガンショウ樹皮エキス、スーパーオキシドジスムターゼ、グリチルリチン酸2K、アラントイン、オリーブ果実油、スクワラン、プロパンジオール、ポリソルベート60、セスキオレイン酸ソルビタン、テトラオレイン酸ソルベス-60、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-60グリセリル、パルミチン酸グリセリル、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、カニナバラ果実油、トコフェロール、キサンタンガム、ポリグリセリン-10、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジ メチルタウリンNa)コポリマー、リン酸Na、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、トロポロン、メチルパラベン、プロピルパラベン
※成分の水には海洋深層水が含まれております。

ソリューションスキンケアクリーム

水、パルミチン酸エチルヘキシル、DPG、ステアリン酸グリセリル(SE)、グリセリン、ベヘニルアルコール、ペンチレングリコール、ポリソルベート60、ステアリン酸グリセリル、カカオ脂、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11、ソメイヨシノ葉エキス、アロエベラ葉エキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス、スーパーオキシドジスムターゼ、プラセンタエキス、水溶性コラーゲン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、アセチルヘキサペプチド-8、フラーレン、ポリクオタニウム-51、ダイズ種子エキス、α-アルブチン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ユビキノン、タウリン、リシンHCI、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCI、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、グリチルリチン酸2K、セレブロシド、スクワラン、シアノコバラミン、BG、プロパンジオール、オリーブ果実油、ジメチコン、フィトスフィンゴシン、コレステロール、レシチン、カルボマー、キサンタンガム、PVP、パルミチン酸グリセリル、ラウロイルラクチレートNa、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、パルミチン酸セチル、ステアリン酸ソルビタン、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、ポリグリセリン-10、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、トロポロン、リン酸Na、トコフェロール、フェノキシエタノール
※成分の水には海洋深層水が含まれております。

ご使用方法

適量を手に取って、お顔全体になじませてください。

美容液の基本テクニック

  • つける場所
  • 手順

リストアップを意識してフェイスラインを包みこみます

ご使用上の注意

お肌に優しいスキンケアですが、お肌に合わない時はご使用をおやめください。
赤み、腫れ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が現れた場合は使用を中止し、皮膚科専門医等にご相談される事をおすすめいたします。
そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがあります。
目に入った場合は水で十分に洗い流し、刺激が残る場合は医師に相談して下さい。
乳幼児の手の届かない場所に保管してください。
極端に高温または低温場所、直射日光のあたる場所に保管しないで下さい。